<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< WORLD BIG TOUR START!! | main | タイトルが思いつかない。 >>
また出会える日まで
まさかあんな記事(1コ下の)書いた次の日にあんなお知らせくるとは思わなかったですよね。
あれからずっと書こう書こうって思ってなかなかまとまらず…今に至りました。



何だろうなー…
絶対的にひとつ言えることは本当に私は6人のKAT-TUNが好きでKAT-TUNの赤西仁が好きだったんだなって今更ながらの実感。



割り切ろうとしても変わらず腑に落ちない。それが私の感情を掻き回す。そして諦めろと謂わんばかりに責めてくる現実。言いたくないけど疲れたな。
まだ喪失感の方が大きいし、うーん…いろいろ思うこともある。だからすっぱりはいじゃあ次!何でも着いていきます!なんて気分にはどうしてもなれない。
でも好きなもんは好き。だから何やるかはもちろん知りたいし、観てみたいし、聴いてみたい。ただそれをどこか一歩退いた気持ちでしかまだ見れない。双方共に。
私はKAT-TUNと赤西が前向いてるからファンも前向かなきゃってスタンスでいなければならないとは思わない。6人は前向いてるってより前向くしかないでしょ。私はまだ静観したままでいいかなと思う。全て受け入れて何でもついていくなんて都合よくできたファンじゃないです。何で私は大好きな人たちの背中を押すことができないんだろうって、たまに我儘なのかなとも思うけどね。ただ自分の思い通りに進まないから嫌なだけかもしれない。本人たちが納得してるかは分からないけど、こうなった以上は本人たちはこれを受け入れていくしかないし。
本当はどんなことでも応援したい。別にソロの赤西に興味ないわけでもないし、元々ソロも好きなことは好きだから。5人だって大好きだから5人でもKAT-TUN応援したい。…するつもり。
でも何より大好きだったから、あの並びが。誰がとかじゃなく、6人で作るものが大好きだったから。自分はなんでこんな無力なんだろう。悔しい。一番の原因はずっとずっと心の中でひっかかってることがあるからだってことも分かってる。でもきっとそれは今解決されることはないだろう。

だから今、割り切る。これはやっぱり私にはできない。頭ではできるけど心はついてかない。
でも素直に6人の未来には期待したいです。ここで終わりではないと思ってる。これからどんなものを見せてくれるのか魅せてくれるのか、それは楽しみにしたい。きっと私の思いを拭ってくれるのも6人だけだと思うから。



あとね、変わらず今までのKAT-TUNも私の楽しみのひとつ。DVDだって何だって楽しんで見る!今まで作り上げてきたものも間違いなく私が大好きなKAT-TUNだから。











スポンサーサイト
COMMENT